Skip to content

日・デンマーク外交関係樹立150周年

03.06.2016  09:53

2017年は、1867年の日デンマーク修好通商航海条約の締結による外交関係樹立から150周年にあたる記念すべき年です。

外交関係が開設されて以来、日・デンマーク間の交流は、人々の繋がりのあらゆる側面で発展してきました。150周年事業は、両国間の友好関係の発展を振り返ると共に、両国関係をさらに強化させるためのすばらしい機会となります。

日・デンマーク両国政府は、20143月に両国の首相により合意された戦略的パートナーシップに基づいて二国間関係をさらに高め、公式周年事業を行うこととしています。

公式ロゴ

デンマーク人はデンマーク語を話します。日本人は日本語を話します。しかし、デザインや美に関して、私たちは同じ言語を話すようです。デンマークのデザインは、日本で非常に人気があります。これは決して偶然ではありません!20世紀を代表するデンマークのデザイナーの中には、日本を訪れた経験があったり、何らかの経緯で日本の影響を受けた人が少なくありません。今日、インスピレーションやインタラクションは双方向に働いています。記念年の公式ロゴは、こうした関係をまさに象徴しています。

''

公式ロゴは、両国の国旗(日本の日章及びデンマークの白十字)を組み合わせたものであり、さらに、追加されたラインは両国の出会いとダイナミックな交流を示しています。また、このロゴは日本の伝統的な模様とデンマークの簡潔さ及び美的感覚を反映するものです。

公式ロゴは、デンマーク人デザイナーのヘンリク・クベル(Henrik Kubel)と日本人デザイナーの浅葉克己氏のコラボレーションにて作成されました。

150周年は、すべての日本人とデンマーク人にとっての記念年です。従っていくつかの基本的な要件を満たし、150周年記念に貢献する限りにおいて、政府主催以外のイベントや活動でもロゴを使用することができます。またメディアが記念年を記事などで取り上げる際にも、ロゴの使用が認められます。

ロゴの使用を希望するメディアの代表者は、ロゴの用途を簡単に記載したメールをtyoamb@um.dkまで送付してください。(メールの件名を“Request for anniversary logo”としてください。)

独自の活動やイベントで記念年活動に参加を希望する団体や個人は、オンラインでロゴの使用を申請することができます: www.denmarkjapan150.jp

記念年の公式ロゴプロジェクトは、Danish Agency for Culture and PalacesおよびToyota-Fonden(デンマーク)の後援を受けています。

 

プレス問い合わせ窓口:

Line H. N. Nordskjold
lihano@um.dk