Skip to content

量子技術セミナー in 東京

20.03.2018  02:39

日程:2018年4月12日(木)

時間:10:00~17:00 (受付開始9:30)

ネットワーキングレセプション: 17:00 -18:00

会場:DNP五反田ビル 東京都品川区西五反田3-5-20

 

昨今の技術開発や社会問題は、一国では解決することが難しくなっています。次世代の計算処理、データ解析、サイバーセキュリティなどは、注目されている技術の一つであり、長い間学術界、産業界でフォーカスされてきました。1927年に理化学研究所 元所長の仁科芳雄がデンマークのニールスボーア研究所で学び、1937年にニールスボーアが仁科に招待され理化学研究所に来日して以来、日本とデンマークの量子技術研究協力は長い歴史があります。デンマーク大使館は今年の科学技術セミナーのテーマとして「量子技術」を選びました。なぜなら、国際的な研究協力が必要な分野だからです。それを示すように、今年の1月にEU Research, Science and Innovationのコミッショナー、Carlos Moedasと日本の林芳正文部科学大臣が量子技術の分野でEUと日本の間で更なる協力関係を強化することに同意しました。

 

デンマークからは、ニールスボーア研究所 所長Jan W. Thomsen Quantum Optics (QUANTOP)センター長:Eugene Simon PolzikQuantum Devices and Station Q Copenhagenセンター長:Charlie Marcus、日本からは量子分野で世界でご活躍され研究をリードされているトップクラスの先生方や企業の研究者の方々がご登壇されます。セミナーの後は、ネットワークイベントを予定しております。このセミナーやイベントを通じ、様々な業界の方やキーパーソンが集い、現在の業務に新たなインスピレーションを与え、両国の友好関係が更に進み、新しいプロジェクトや研究環境が生まれることを願います。皆様のご参加お待ちしております!

 

セミナープログラム

参加登録はこちらから