Skip to content

新着情報 Upcoming information

国連の持続可能な開発目標12.3 『食廃棄を減らす』

デンマーク大使館は東京都環境局の『チームもったいない』のメンバーです。自然環境と共存する伝統が育まれているデンマークでは、チームで協力することで持続可能な未来が可能になると信じて活動をしています。

世界では、年間1億2000万ドルの食料価値が浪費されています。この膨大な浪費を減らすため、グローバルにチームで協力して努力することが非常に重要です。国連では持続可能な開発目標12.3『食廃棄を減らす』で問題に取り組み目標を掲げています。

    2030年までに、小売ストアおよび消費者レベルで一人当たりの世界的な食物廃棄物を半分にし、収穫後の損失を含む全ての生産およびサプライチェーンでの食物     の損失を減らします。

デンマークでは、国民全体が食べ物に対して個人レベルで配慮をした結果、この6年間で食の廃棄物が1人あたり8%削減されました。ただし、まだ世帯あたりでは、購買した食料品の25%を年間無駄にしてます。

デンマークの環境食料大臣ヤコブ・エレマン-イェンセンは、食品廃棄物をもっと減らすことを推進しています。そのため、新しいシンクタンクをデンマークに設立する予定です。社会のあらゆるレベルでイニシアチブやアイデアを共有し、民間、政府機関、NGOの協力のもと、食品廃棄物を減らす次のような取り組みをしています。

- 教育:2013年、デンマークの学童のstopmadspild.dkのオンライン学習プラットフォームが導入されました。適切な教育と健康的な食習慣の早期実施は、食品廃棄物の撲滅に不可欠です。

- 知識の共有:2017年に「The Food Waste Hunters」と呼ばれる政府のイニシアチブがケータリングセンターに無料で彼らの食品廃棄物を減らす方法についてカウンセリングを提供しています。

- デジタル化:大規模な組織で食品の無駄を避けるには計画が必要です。デジタルデータは食品の必要性を予測するのに役立ちます。デンマークの病院部門はこのデータを利用して廃棄物を減らしました。

- 協力:2016年より毎年、デンマーク環境食料大臣は、フード・サミット『より多くの人々のためのより良い食料』を開催しています。ベスト・プラクティスを議論し共有する国際フォーラムです。

- イノベーション:デンマークは、ホエイ、鶏の足、血液などの生産副産物を利用することで、今まで廃棄物となっていたものを、資源に変えるイノベーションを提供しています。

- 地元農家とのパートナーシップ:農家は収穫した野菜が見栄えの悪さから、食用として問題の無い野菜を廃棄せざるを得ないことがあります。小売業者が購入して商品として再販するのに適さないからです。レストランと地元の農家と直接接続して廃棄野菜を購入して利用することで、食品の無駄を減らすことができます。

12.3 イベントについて

サーキュラー・エコノミー戦略

デンマーク環境食料省、デンマーク産業・ビジネス・金融省より、白書『サーキュラー・エコノミー戦略(循環経済戦略)デザイン、消費、リサイクルにより更なる価値とよりよい環境の創出へ』を2018年に編集しました。

デンマーク政府では、持続可能でよりサーキュラー型(循環型)の社会経済に移行できるような6つの分野での15の取り組みが掲げられています。
白書はこちらよりダウンロードできます。

デンマーク環境食料庁とデンマーク産業・ビジネス・金融庁編集の白書「サーキュラー・エコノミー(循環経済戦略)デザイン、消費、リサイクルにより更なる価値とよりよい環境の創出へ」 が右上からダウンロードできます。

In recent years, the food culture in Denmark has been changing as people are becoming more aware of the effects the food industry has on our planet. The Danish government has welcomed this positive change with Gastro 2025, which is a set of initiatives that has been set to boost Danish gastronomy, make gastronomy something that everyone can take part in, as well as making it more sustainable. Read more about Gastro 2025 and the Gastronomy Academy from the PDFs in the right-side menu.


 

The Danish Embassy in Tokyo is a proud member of Team Mottainai. Like Japan, Denmark has a long tradition for honouring our natural surroundings. We believe in cooperation and leading by example to attain a sustainable future.

Food worth of 1.200 billion dollars is wasted world over every year[1]. A combined global effort to reduce this massive number is crucial. The 🌱N Social Developments Goals addresses this issue in goal 12.3:

By 2030, halve per capita global food waste at the retail and consumer levels and reduce food losses along production and supply chains, including post-harvest losses

In Denmark, an enhanced focus on food handling has reduced food waste by 8 pct. pr. head the last 6 years, but there is still work to do. Danish private households waste 25 pct. of food product every year.

The Danish Minister for Environment and Food, Jakob Ellemann-Jensen, is set on strengthening the fight against food waste. Therefore, a new Danish think tank is on its way. A private-public cooperation to coordinate initiatives and ideas across all levels in society. Initiatives such as:

  • Education: In 2013 the online learning platform for Danish schoolchildren stopmadspild.dk was introduced. A proper education and an early implementation of healthy food habits is vital in the food waste fight.
  • Knowledge sharing: In 2017 a governmental initiative called ‘The Food Waste Hunters’ offered catering centres counselling on how to reduce their food waste free of charge.
  • Digitalisation: Avoiding food waste in big organisations takes planning. Digital data can help predict the need for food. The Danish hospital sector has made use of this to reduce waste.
  • Cooperation: Since 2016, the minister has hosted an annual World Food Summit, ‘Better food for more people’. An international forum for discussing and sharing best practices.
  • Innovation: Denmark has been a frontrunner in turning waste product into resources, by making use of production by-product such as whey, chicken feet and blood.
  • Local partnership: Farmers sometimes discard perfectly edible vegetables because of physical damage, which make them unfit for retailers to buy and resale. Connecting professional kitchens directly with local farmers to buy and utilize the discarded vegetables can reduce food waste.

地元の農家を訪れるプロのシェフは、質の高い製品の選び方を学びます。

写真:デンマーク環境保護庁

The kitchen workers of a professional kitchen visiting a local farmer to broaden their view on quality products. Photo: The Danish Environmental Protection Agency

About 12.3 event

CIRCULAR ECONOMY

The building and construction sector accounts for one third of waste in Denmark. By implementing circular economy into sectors with a high use of raw materials, waste can be reduced and resources reused.

In 2018, the Danish government published their Strategy for Circular Economy to help on circular production. This strategy includes six focus areas with 15 initiatives

It is now available to download Strategy for Circular Economy – More value and better environment through design, consumption, and recycling published by Ministry of Environment and Food, and Ministry of Industry, Business and Financial Affairs.

Read all initiatives and the strategy in its entirety, from the upper right side download-link of this page.

 


 

 

 

[1] Boston Consulting Group report on food waste

 

 

 

 

gastro 2025

Read about Gastro 2025 here:

 

Gastro 2025 PDF

Gastro Academy

Read about Gastronomy Academy here:

 

Gastro Academy PDF