Skip to content

オーガニック食材
Organic Food 

Please see below for content in English.

デンマークは世界有数のオーガニック食材の生産国であり、消費国でもあります。国民一人当りのオーガニック生産物購入量は世界一の水準です。

これは生産サイクルを通じた持続可能性、環境保護、動物福祉に対するデンマーク国民の高い関心が原動力となっています。現在、国内の食品小売売上高の8.1%をオーガニック生産物が占めています。
    
オーガニック食品の消費量が増えるにつれ、生産量も年々増えています。デンマークのオーガニック・セクターは、かつてはニッチな業界と考えられていましたが、今ではどこのスーパーマーケットや小売店でもさまざまなオーガニック食材が簡単に手に入り、競争力の高い日常的な食品となっています。

こうした流れを促進するため、デンマーク政府は農地全体に占めるオーガニック農産物の生産面積を現在の7%から2020年には最低でも14%まで拡大するという目標を設定しています。

デンマークでもっとも一般的なオーガニック食品はオートミール(38.9%)、牛乳(29.3%)、卵(26.8%)、料理用および食用油(23.2%)、果汁(21.7%)、小麦粉(21.7%)です。

デンマークのオーガニック生産物の信頼性を確保・維持するため、政府はオーガニック生産および生産物の認証を行っています。特に知名度の高いマークの一つが赤のØマーク(デンマーク語のオーガニックを意味する“økologi”の頭文字)です。こうした厳正な管理と認証により、デンマークのオーガニックは日本をはじめとする多くの国で同等の扱いを受けることができるのです。

デンマークのオーガニック食品の詳細については、右のリンクおよび本ポータルサイトの「デンマークの輸出産業:小売食品」の記事もあわせてご覧ください。

"" ""


Denmark is one of the world’s leading producers and consumers of organic food and today, Danish consumers purchase more organic products per capita than any other country in the world.

Driving this development is the Danish focus on sustainability, environmental protection and animal welfare throughout the production cycle, and today organic products have 9,7 % market share in the Danish retail food industry.
    
As the consumption of organic food has increased, so has the organic production and over the years, the Danish organic sector has changed from being a niche sector to providing a wide range of highly competitive everyday food products, that are readily available in all Danish supermarkets and retail stores.

To further promote this development, the Danish government has set a goal of expanding the size of organic production land area from 7% of the total Danish agricultural production area today to at least 14% in 2020.

The most popular organic products in Denmark are oatmeal (44 %), natural yoghurt (41.1 %), carrots (36.6 %), cooking- and salad oil (32.9 %), eggs (31.2 %) and milk (30.7 %).

To ensure and protect the authenticity of Danish organic products, the Danish Government certifies the organic production and products and the red Danish organic Ø-label (as organic in Danish is called “økologi”) is one of the most recognised and understood labels in Denmark. This strict control of the organic production and certification also ensures that Denmark enjoys organic equivalency with many countries abroad, including Japan.

Photo Credit: Niclas Jessen

デンマークのオーガニック生産

""

オーガニック・デンマーク

""

デンマークのオーガニックフードのトレンド