Skip to content

大使館について

大使館業務の主な目的は、日本でデンマークの価値を創造すること、そして日本とデンマークの良好な関係を強化することです。
日本へ輸出を希望するデンマーク企業をサポートしたり、デンマークへの投資に興味をもつ日本企業へプロモーションを行ったりすることで、両国の貿易関係を促進しています。
また多岐にわたる広報外交活動により、デンマークに関する一般的な知識を高める努力をしています。

大使館の歴史
デンマークは1867年から日本に外交代表を設けていますが、1912年まではオランダの外交団がデンマークの代行業務を行っていました。オランダ人外交官のディルク・デ・グラーフ・ファン・ポルスブルックが日本で初めてデンマークの外交業務を遂行し、デンマークや他の北欧諸国に代わって重要な貿易協定の交渉を行いました。


初期のデンマーク外交代表。(左から)ディルク・デ・グラーフ・ファン・ポルスブルック、プレベン・フェルディナンド・エレフェルト・ローヴィック伯爵、ニールス J.W.ホスト。

1912年にプレベン・F・エレフェルト・ローヴィック伯爵が初のデンマーク人外交代表として日本で外交の指揮をとりました。伯爵は北京のデンマーク大使館で大使を務めており、日本に派遣されました。1921年、日本の地に初めてデンマーク大使館が設立されました。初代大使となったニールス J.W.ホスト以降、歴代の外交官が東京のデンマーク大使館に赴任し、日本とデンマークの関係強化に貢献してきました。現在はフレディ・スヴェイネが大使を務めています。

東京の代官山にある現在のデンマーク大使館は、1979年に建設されました。それ以前の大使館は青山の「デンマーク・ハウス」内にあり、さらに遡っては日比谷交差点近辺や四谷に置かれていた時期もありました。


代官山のデンマーク大使館。